弁護士費用

ご事情によって事件の進め方が異なるため、幅のある記載となっております。
正式な見積もりについては、法律相談でご事情を伺った上、ご提案させていただきます。
なお、実費(収入印紙代、郵便切手代、証明書等取寄費用、旅費日当等など)につきましては、弁護士費用とは別途ご負担いただきます。

※注意事項
本ページに記載の金額はすべて税抜表記です。別途消費税が発生します。
本ページの弁護士費用は令和3年1月1日時点のものです。

法律相談

30分 5千円

※事件をご依頼いただいた後のお客様との打ち合わせにつきましては、各事件の弁護士費用に含まれておりますので、別途法律相談料をお支払いいただく必要はございません。

民事事件一般(金銭を請求する場合)

着手金

請求金額 着手金の金額
300万円以下 請求金額の8%(最低額は10万円)
300万円を超える場合 請求金額の5%+9万円

※交渉から調停に移行するときや、交渉又は調停から訴訟に移行するときには改めて着手金をいただくことになります。ただ、その場合の着手金額は上記金額の2分の1(最低額は10万円)となります。

報酬金

支払われることが確定した金額 報酬金の金額
300万円以下 支払われることが確定した金額の16%
300万円を超える場合 支払われることが確定した金額の10%+18万円

民事事件一般(金銭を請求された場合)

着手金

請求金額 着手金の金額
300万円以下 請求された金額の8%(最低額は10万円)
300万円を超える場合 請求された金額の5%+9万円

※交渉から調停に移行するときや、交渉又は調停から訴訟に移行するときには改めて着手金をいただくことになります。ただ、その場合の着手金額は上記金額の2分の1(最低額は10万円)となります。

報酬金

支払われることが確定した金額 報酬金の金額
300万円以下 請求額から減額した金額の16%
300万円を超える場合 請求額から減額した金額の10%+18万円

相続

着手金

交渉 20万円
調停、審判 20万円~30万円

※遺産分割交渉から遺産分割調停に移行したときや、遺産分割調停から遺産分割審判に移行したときには改めて着手金をいただくことになります。ただ、その場合の着手金額は減額をさせていただきます。

報酬金

取得することで確定した最終的な財産総額の10%

遺言書や遺産分割協議書の作成

定型の場合 10万円~20万円

離婚・不倫慰謝料

着手金

交渉、調停 15万円~30万円
訴訟 30万円~50万円

※交渉から調停に移行するときや、調停から訴訟に移行するときには改めて着手金をいただくことになります。ただ、その場合の着手金額は減額をさせていただきます。
※ご事情によって事件の進め方が異なるため、幅のある記載となっております。正式な見積もりについては、法律相談でご事情を伺った上で、ご提案させていただきます。ご事情に応じて柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

報酬金

交渉、調停 15万円~30万円
訴訟 30万円~50万円

※経済的利益やその他の利益を実現した場合の報酬は別途相談させていただきます。

刑事弁護

着手金

起訴前 20万円~50万円
起訴後 30万円~50万円

※ご事情によって事件の進め方が異なるため、幅のある記載となっております。正式な見積もりについては、法律相談でご事情を伺った上で、ご提案させていただきます。ご事情に応じて柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

報酬金

成果に応じた報酬(※)

※勾留阻止、勾留取消決定、勾留延長阻止、不起訴、略式処分、保釈決定、無罪、刑の執行猶予、一部執行猶予、再度の執行猶予、罰金刑、求刑から減刑できた期間に応じて成果報酬をいただくことになります。法律相談の際に、詳しく説明をさせていただきます。

交通事故

弁護士費用特約に加入されている方は特約を利用させていただきますので、別途の費用負担なくご相談いただけます。弁護士費用特約に加入されていない方につきましては、ご事情を伺った上で、見積りをご提案させていただきます。

中小企業支援・顧問契約

月額 3万円〜

※会社の事業内容やご希望されるサービス内容を伺う無料面談を行わせていただいた上で、正式な月額顧問料と、当事務所として提供させていただくサービス内容をご提案させていただきます。

上記事項は当事務所の取扱分野の一部になりますので、掲載がない事項についての弁護士費用につきましては、お気軽にお問い合わせください。

一番上に戻る