どうすれば離婚できるの?離婚の手続きを弁護士が解説!

夫(妻)が不倫した、夫(妻)がDVをした、夫(妻)と金銭感覚が合わない、
夫(妻)の実家と関係が良くないなど、様々な理由で離婚をお考えの方から相談を受けています。

今回は、離婚をしたいと考えたときに、どのようにすれば離婚をすることができるのか、
離婚の手続きについて説明をしていきます。

手続きの種類

離婚を考えた場合には、3種類の手続きがあります。
まず、協議離婚という手続きがあり、それが認められないときに、
調停離婚、さらにそれが認められないときに、裁判離婚という手続きがあります。
各々の手続きについて簡単に説明をしていきます。

協議離婚

夫婦の話し合いにより成立する離婚を協議離婚といいます。

協議離婚が成立するためには、お互いが離婚する意思を有していることが必要になります。

調停離婚

家庭裁判所が行う調停により成立する離婚のことを調停離婚といいます。

夫婦の話し合いにより離婚をすることが難しい場合には、
夫婦の一方から離婚調停が申立てられることがあります。

離婚調停においては、調停を行う調停委員が、双方の主張を聞き、
双方の主張の調整を行っていきます。

裁判離婚

夫婦の一方が離婚調停を申立てたものの、
調停における話し合いがまとまらないと、調停離婚は成立しません。

調停離婚が成立しなかった場合には、離婚の裁判をすることができます。
離婚の裁判により、離婚をする方法としては、和解離婚と判決離婚があります。

離婚の裁判において、話し合いにより合意に至り離婚することを和解離婚といいます。
また、離婚の裁判において、裁判所が離婚を認める判決をくだすことにより離婚することを判決離婚といいます。
なお、判決離婚が認められるためには、法律に規定された離婚理由が認められる必要があります。

離婚の手続きを弁護士に依頼するメリット

弁護士は、ご相談者様の代理人となり、離婚の手続きを進めることが可能です。

離婚に関する話し合いを夫婦でした場合には感情的になってしまうことが多いですが、
弁護士は、冷静にご相談者様の主張をまとめ、手続きを進める手伝いをすることになります。

また、調停や裁判に臨まなくてはいけなくなってしまった場合には、
一般の方では、どのように主張すれば手続きが有利に進むのか、判断することが難しいです。
そのため、知らずに、自分に不利な条件に同意してしまう可能性もあります。
弁護士は、法律の専門家として、法律を踏まえた弁護をします。

さらに、離婚の手続きや法律的事項の調査、証拠収集等には時間が掛かりますが、
それらの手続きを弁護士に依頼したときは、時間を節約することも可能です。
また、離婚に関する相談相手ができることや、
弁護士が窓口となり相手方と直接のやり取りをする必要がなくなることから、
精神的な負担を軽減することもできます。

終わりに

弁護士法人法優法律事務所では、離婚を考えられている方や、
離婚には応じたくないと考えられている方、その他男女関係の問題にお悩みの方から、
様々なご相談を受け、皆様のご要望に合わせた問題解決方法を検討しています。

富山県にお住まいの皆様が、離婚に関するお悩みや、男女関係のお悩みを
抱え込んでしまったときには、まずはお気軽にご相談ください。