交通事故慰謝料の基準を弁護士が解説!

富山県の自動車保有率は、群馬県、茨木県、栃木県に次ぎ全国で第4位です。
多くの方は、「万が一、交通事故を起こしてしまっても、保険に加入しているから大丈夫。」と考えていますが、
交通事故に遭ってしまった際に、どの程度の保険金を貰えるかについては分かっていない人が多いです。

本記事では、交通事故の慰謝料の基準について説明をしていきます。

自賠責基準

自動車を使用する際に加入が義務付けられている保険として自賠責保険があります。
自賠責保険は、むち打ちなどの人身事故には適用されますが、
車のへこみなどの物損事故には適用されません。
自賠責保険の補償は、必要最低限のもので、
傷害に関する支払い限度額が120万円、
後遺症に関する支払い限度額が4000万円、
死亡に関する支払い限度額が3000万円とされています。

任意保険基準

自賠責保険の加入が法律上義務付けられているのに対し、
加入するかどうか、また、どのような内容の保険に加入するか
自由(任意)に決められる保険を任意保険といいます。
自賠責保険では補うことのできない損害を補うために
契約する自動車保険となります。
任意保険に関しては、保険会社が各々独自に作り出した基準を使って、
損害賠償金を支払っています。
その金額は、自賠責基準よりも高い水準にはなっていますが、
裁判時の損害賠償金の基準に比べると低い水準になっています。

裁判基準(弁護士基準)

裁判時の損害賠償金の基準に関しては、裁判所の考え方や判例などを参考に、
東京三弁護士会の交通事故処理委員会が基準を公表しています。
裁判所でも重視されているもので、任意保険基準よりも高い水準となっています。
弁護士は、被害者にとってもっとも満足のいく被害額の算出のため、
裁判基準(弁護士基準)を用いて保険会社と交渉することになります。